マンション購入時に初期費用以外にかかる費用とは?

マンション購入にかかる初期費用とは?

不動産投資は長期的な利益が期待できますが、やはり初期費用がとても高いというイメージを持っている方が多いです。実際に不動産投資を始めるにあたり、どのような初期費用がかかるのかを正確に把握しておけば、意外とスムーズに始めることができます。
初期費用としては、まずはマンションを購入するための資金です。多くの人は頭金を現金で用意して、後は不動産投資ローンを組みます。ただ、不動産投資の場合はマンションを購入したら終わりではなく、それ以外にも色々な費用が発生します。
例えば売買契約書を作成するときには印紙が必要なのですが、そのときに印紙税が発生します。印紙税は実は購入する物件の値段が高くなればなるほどアップします。さらに金融機関から融資を受ける場合であれば、保証料や手数料が発生します。また、マンションを購入したらその後には登記手続きをしなくてはいけません。そのときにも、固定資産税の評価額に応じた税金が発生しますし、手続きを司法書士に依頼しようと思ったらそのための費用も当然かかってきます。
さらに、不動産投資のためのローンを利用するときには、地震保険や火災保険などの保険料もかかりますし、さらに不動産取得税もマンション購入後にはかかります。このように、不動産投資のためにマンションを購入するだけでも、色々な費用や税金、保険料が必要となります。不動産投資を行うときには、このこともしっかりと計算して物件を選んだり、ローンを組んだりする必要があります。自分だけでは調べることができないのであれば、専門家に相談しましょう。親身になってアドバイスしてくれます。

マンション購入のための初期費用を確保するためには

そもそも不動産投資のためのマンションを購入するための初期費用は、どのようにして確保すればいいのでしょうか。最近は自己資金が無くても利用できる専用ローンがありますが、長期的な返済をするとなると、やはりその分のリスクは大きくなります。自己資金に余裕があるときには、なるべく不測の事態に備えつつ無理の無い返済計画を立てることが大事です。返済計画を立てるときにはなるべく緩い返済計画にしておき、余裕のあるときに繰り上げ返済をすれば残額を圧縮できます。
自己資金ゼロで不動産投資ローンを利用するときには、やはりそれだけ審査も厳しくなる上に金利も高くなるケースが多いので、なるべく初期費用は用意しておくといいでしょう。不動産投資の魅力は、初期費用があまりなくても金融機関のローンを利用でき、毎月の返済は家賃収入で賄うことができるところですが、やはり良い物件を選ぶためにはそれなりの初期費用を用意しておいた方がいいでしょう。
不動産投資ローンを利用するためには審査が必要になるので、普段からクレジットカードなどの返済はきちんとしておき、返済能力があることを示しておく必要があります。また、なるべく審査に通りやすい金融機関のローンを利用した方がいいのですが、審査に通過するためには専門家のアドバイスを聞いておきましょう。不動産投資の専門家は審査に通りやすい金融機関や利回りの良い物件を紹介してくれることがあるので、特に初めて不動産投資を行う方にとってはとても心強いパートナーになってくれます。良いマンションを購入することができれば、それだけ早くローンを完済することができるので、なるべく専門家に相談するようにしましょう。

マンション購入の初期費用以外にもかかる費用はたくさんある

不動産投資のためにマンションを購入し、手続きのための費用を全て支払ったとしても、実はそれ以外にもかかる費用はあります。不動産投資の場合は初期費用だけでなく、マンションの管理費用も発生します。マンションの管理費は、基本的には所有者に支払い義務があります。管理費というのは、共有部分の光熱費や管理人の人件費、設備点検のための経費などです。例えば共有部分の蛍光灯が切れていたら交換のための費用が必要ですし、災害や経年劣化のために修繕が必要になればその費用も必要になるということです。また、備え付けのエアコンやトイレ、水道が壊れた場合も、費用を負担する義務があります。
また、毎年固定資産税の納付義務があるので、そのための積立もしておく必要があります。つまり、入居者を長くそのマンションに留まらせておくための管理にも費用が発生するということです。このように、不動産投資にかかる費用は初期費用だけでなく、維持費も発生することを考えておかなければいけません。毎年かかる維持費と収益のバランスも考慮して物件選びをする必要があるので、適当な物件選びをするとトータル的にマイナスになってしまうことも考えられます。
マンション購入前にはしっかりとシミュレーションを行い、収入と支出のバランスを考慮する必要があります。自分一人だけの力では無理な場合であれば、不動産投資の専門家に相談することも検討してください。

おすすめの情報

マンションを購入する前にプランを具体的に立てる

できるだけ多くの自己資金を集めよう マンション経営をするにあたっては、まず物件を購入する必要があります。物件を購入する場合、普通に仕事をしている人が全額自己資金で賄うのは難しいでしょう。不動産担保ローンなど…

詳しくはコチラ

マンション購入での資産価値と相場の関係性とは

マンション購入で考える資産価値と相場 一生懸命働いていても年収が増えずに老後が不安で心配だと考えている人たちが最近では増えてきていると言われています。確かに年金も目減りしていますし、本当に受給できるのかハッ…

詳しくはコチラ

将来のマンション経営のリスク管理を意識しよう

マンションの入居者数が少なくなる? マンション経営も投資の一種なので、リスクはゼロではないです。そこで資産運用するにあたって、どのようなリスクがあるかを考える必要があります。マンション経営の中でも最も大きく…

詳しくはコチラ

マンション購入時に初期費用以外にかかる費用とは?

マンション購入にかかる初期費用とは? 不動産投資は長期的な利益が期待できますが、やはり初期費用がとても高いというイメージを持っている方が多いです。実際に不動産投資を始めるにあたり、どのような初期費用がかかる…

詳しくはコチラ