きちんとしたネットワークを持っている管理会社

不動産投資の成功は管理会社の選択次第

副業として、老後の生活資金を稼ぐためなど、不動産投資が注目を集めています。不動投資を始めるメリットは、景気が悪くなっても入居者さえいれば毎月安定した家賃収入が入ってくることです。そこで問題になってくるのが購入した物件の管理を自分自身でやらなければならないことです。入居者募集から家賃徴収、入居者トラブルなどすべてを管理しなければなりません。
しかし日中働いているビジネスマンが物件管理を行うのは無理があります。何かトラブルがあった場合など、迅速に対応しないと入居者との信頼関係が崩れてしまい早期退去に繋がってしまいます。不動産投資の目的は、安定した家賃収入を得ることですから入居率が下がるリスクは極力避けなければいけません。ですから不動産投資には、不動産管理会社と契約するのがベターな選択になります。
しかし管理料が安いからという理由だけで不動産管理会社を選ぶと後悔することになります。それではオススメの不動産管理会社の特徴を紹介します。
【1.電話やメールでの報告を頻繁にくれる】【2.空室を解消するための方策を持っている】【3.すぐに家賃を下げない】【4.こちらが要求しなくても提案してくれる】不動産投資は、家賃を安くするだけでは成功しません。いつまでも長く入居してもらうことが安定した家賃収入を得るための絶対条件ですから後悔のない不動産管理会社選びをしなければなりません。

不動産投資の管理会社の選び方

サラリーマンなど本業がある人が不動産投資をする場合、物件の管理を自ら行うことはなかなか難しいでしょう。多くの場合、物件の管理は管理会社に委託することになります。せっかく条件のいい物件を所有することができても、この管理会社選びを失敗しては思うように入居者さんが決まらず収益が出ないということに繋がります。また細やかな気配りができる管理会社でないと、せっかく現在入居してくれている入居者さんが不満を抱いてしまい、引っ越しを検討し始めてしまうかもしれません。
例えば細かい事だと共有スペースである花壇部分がいつも雑草で荒れていたり、外灯が切れっぱなしになっていたり。気にしない人は気にしないでしょうが、やはりこういった細かい部分のケアをしっかりやってくれる管理会社に委託することが満室経営に繋がると思います。
では細やかな気配りができる管理会社はどういった会社でしょうか。一概には言えませんが、少人数でぎりぎり回しているような会社はやめたほうがいいでしょう。ぎりぎりの人数の会社に細やかな気配りができるはずがありません。それなりの人数の社員を抱えてきちんとしたネットワークを持っている管理会社をまずは選んでみるといいでしょう。

おすすめの情報

ビジネスパートナーとしての管理会社

オーナーと管理会社の関係 不動産投資にとって、管理会社というのは大事なパートナーです。結婚相手を探すように、よく探す必要があります。オーナーにとっては、自分のノウハウの足りないところ、時間や手の足りないとこ…

詳しくはコチラ

管理体制の確認

管理体制で見るべき箇所 管理会社が変わると、とたんに不動産投資をしている物件の状況が変わると言います。たとえば、急激に家賃滞納が増えたり、様々な管理費が増大することがあります。入居者に変化があれば当然そのよ…

詳しくはコチラ

不動産投資を成功させるポイント

地価が跳ね上がる不動産投資 都市部は人が多いので、確実に上がるという情報には、信憑性を確かめてから乗っかることが大切です。複数の入札が行われているときは物件における調査がはっきりしたことを示し、現在は頼もし…

詳しくはコチラ

きちんとしたネットワークを持っている管理会社

不動産投資の成功は管理会社の選択次第 副業として、老後の生活資金を稼ぐためなど、不動産投資が注目を集めています。不動投資を始めるメリットは、景気が悪くなっても入居者さえいれば毎月安定した家賃収入が入ってくる…

詳しくはコチラ