マンションを購入する前にプランを具体的に立てる

できるだけ多くの自己資金を集めよう

マンション経営をするにあたっては、まず物件を購入する必要があります。物件を購入する場合、普通に仕事をしている人が全額自己資金で賄うのは難しいでしょう。不動産担保ローンなどの融資を受けて購入することになりますが、購入前のプランとしては、できるだけ自己資金を集めておくことが大事です。そうすることによってその後の返済の負担が軽減できるからです。一般的に物件価格の3割から4割程度あると理想的とされています。この額を目標にして、できるだけ給料など自分の手元に入ってきたお金を貯蓄に回しましょう。
融資額を少なくできれば、短期間でローンの返済が進みます。ということは家賃収入を自分の所得にすることが可能になります。また金融機関の中には、ある程度の自己資金を入れることで優遇金利が適用されることもあります。金利が低くなれば利息の支払額が少なく済み、総返済額も少なくなります。金利が少なくても借入額が大きいと、利息の支払額の差は大きくなります。
不動産投資をする場合に、購入する物件に入居者が集まりやすいかどうかもあらかじめ検討しましょう。入居者の集まりやすい物件は周辺環境に恵まれているかどうかが重要なポイントになります。最寄り駅から近いところにあれば、通勤や通学もしやすいので魅力的です。またスーパーや銀行、病院など日常生活で欠かせない施設が数多く周りにある物件も、利便性が高いので入居者が集まりやすい傾向があります。地方と比較すると都市部にある物件のほうが利回りも高くなり、家賃収入も安定するでしょう。このような観点で購入プランを進めることも大事です。

予算と目標は早い段階で具体的に

マンション経営の購入プランに絶対的な正解があるわけではありません。いくつかの購入プランがあって、その中のどれを選択するかは人によって変わります。まずは人によって資産状況は大きく影響します。どの程度の年収を抱えているのか、どれだけ頭金を確保できるか、もしもの場合の資産がどのくらいあるかによってローンの組み方も変わってきます。
また不動産投資をするにあたって、目標がそれぞれにあるはずです。具体的にどのような目標を立てるかも重要です。マンション経営を始めて路頭に迷っている人や失敗してしまう人も少なからず見られます。なぜこのような状況に陥ってしまうのか、それは最初の段階で、投資することでどうなりたいのかという明確な目標を立てていなかったからというケースが多いです。
不動産経営をうまく進めるためには、予算と目標を最初の時点で明確にする必要があります。この目標が明確だと、不動産会社に物件購入に関する相談をしたときにも話がスムーズに進みます。担当者もどのような不動産に投資をしたい人なのか、よく理解できるでしょう。このため、目的にマッチする物件をいろいろと紹介できるわけです。漠然と「不動産経営したい」といわれても、担当者はどのような物件を提供すればいいのか迷ってしまいます。
もちろん思ったよりも空き部屋が多い、経済状況で家賃の値下げをせざるを得ないなど、当初のプラン通りに進められなくなる事態もあります。しかしあらかじめプランをしっかり立てて、目標を想定しておけば、それに合わせて柔軟に軌道修正することも可能です。路頭に迷ってしまうリスクを軽減するためにも、事前に計画を立てておくことが大事です。

支出の見込みを想定しておこう

マンション経営の購入プランを策定するにあたって、収支計画を立てておくことは重要です。不動産経営をする場合、家賃収入などのお金が入ってくるだけでなく、出費も発生します。どのような支出があるのかも購入前に確認しておいたほうがいいでしょう。
まず不動産を所有する以上、固定資産税の負担は避けられません。固定資産税は土地と建物の評価額に応じて決められます。また長年不動産を保有し続けると、経年劣化はどうしても避けられません。そこで修繕費のことも想定しておく必要があります。新築の場合、当面修繕する必要性はないでしょう。しかし中古の場合、大規模修繕がすぐに必要になる可能性もあります。また同じ築年数でもその前のオーナーの管理状況によって、劣化の進み具合も違ってきます。特に中古物件を購入して不動産経営を進めようと思っているのであれば、しっかり建物の状態を確認しておいたほうがいいでしょう。
もしこの部分を見誤ってしまうと、購入プランが当初のものと大きく変わってしまって、大幅な修正を強いられる可能性も十分考えられます。このようなリスクを背負いたくなければ、新築物件を中心としてどれを買えばいいか比較検討しましょう。新築物件の場合、最初のコストは大きくなりますが、長期的なスパンで見れば、むしろコスパがよかったという物件もあります。このように不動産経営は、一般的に長い期間続けることになるので、将来的なことも想定してどうすればいいかをいろいろと考えてみることが重要です。

おすすめの情報

マンションを購入する前にプランを具体的に立てる

できるだけ多くの自己資金を集めよう マンション経営をするにあたっては、まず物件を購入する必要があります。物件を購入する場合、普通に仕事をしている人が全額自己資金で賄うのは難しいでしょう。不動産担保ローンなど…

詳しくはコチラ

マンション購入での資産価値と相場の関係性とは

マンション購入で考える資産価値と相場 一生懸命働いていても年収が増えずに老後が不安で心配だと考えている人たちが最近では増えてきていると言われています。確かに年金も目減りしていますし、本当に受給できるのかハッ…

詳しくはコチラ

将来のマンション経営のリスク管理を意識しよう

マンションの入居者数が少なくなる? マンション経営も投資の一種なので、リスクはゼロではないです。そこで資産運用するにあたって、どのようなリスクがあるかを考える必要があります。マンション経営の中でも最も大きく…

詳しくはコチラ

マンション購入時に初期費用以外にかかる費用とは?

マンション購入にかかる初期費用とは? 不動産投資は長期的な利益が期待できますが、やはり初期費用がとても高いというイメージを持っている方が多いです。実際に不動産投資を始めるにあたり、どのような初期費用がかかる…

詳しくはコチラ